競馬「オッズメーカー」

趣味…競馬、特技…競馬 「私、損しないので」

新たに愛馬を1口購入

昨日、シルクホースクラブにて…

ジャックローズ 牡 鹿毛 2015年4月11日
父 ハービンジャー
母 ローザミスティカ
母の父 アグネスタキオン
関西 斉藤崇史 厩舎…を1口購入いたしました😍。

シルクホースクラブHPより
2017/04/01
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,800m
担当者「この中間も同様のメニューで調整を続けていますが、ここに来て坂路の動きには力強さが増してきました。ハービンジャー産駒特有の緩さがありますが、それは決して悪いことではなく、フットワークの柔軟さに繋がっていると思います。先日、姉のローズウィスパーが500万特別、1000万特別と2連勝しましたが、この馬もその成長力を受け継いでいるはずですし、現時点でも背中のよさは厩舎内で群を抜いていますから、このまま順調に調教が進めば楽しめる馬に成長してくれると思いますよ」馬体重498㎏

2017/05/01
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,800m
担当者「この中間、左肩の状態は回復し、元のメニューに戻して調整を行っています。まだハロン16秒と実戦的な調教を行っていないので、少し非力なところはありますね。ただ、この時期の2歳馬で、このメニューであれば力がついてくるのはこれからですから、特に気にしておりません。それよりも、走りの前後のバランスがとても良くなったことは夏に向けていい材料です。時計ばかりを進めるよりは、ハービンジャーの産駒は焦らず芯を作っていった方が、先々、力を発揮できるタイプが多いので、じっくりと下地を作っていこうと思います」馬体重502㎏

2017/06/01
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,800m
担当者「調教を再開後も順調に乗り込めていたことから、この中間から週に3回坂路でハロン16秒から、速い日は15秒まで脚を伸ばしています。いいリフレッシュ期間になったようで、とても元気よく調教をこなしています。ハービンジャー産駒独特の緩さがあるものの、前向きな気性でハロンペースが上がっても力強く登坂してくれていますし、じっくり成長を促していけば、姉のローズウィスパーのように連戦連勝を重ねてくれるに違いありませんから、今は焦らずじっくり乗り込みをこなして鍛えこんでいきたいと思います。ひと夏越せば見違えるぐらい逞しい姿になってくれると思うので、週に3回ハロン15秒の調教を継続的に行い、成長を促していきたいと考えています」馬体重502kg

仕上がり早のタイプではないが、馬体も順調に成長⤴。
姉に現1600万のローズウィスパー🐎(父ワークホース)がいるし、なんといっても母系は華麗なる薔薇一族の血脈を引いているだけに、大舞台での活躍を夢見ております😍。
スポンサーサイト
06/09(金)00時13分 |愛馬・ジャックローズコメント(0)トラックバック (0)
| home |